トップ / ペットに遺産は残せないのか

ペットに遺産を残す方法

ペットに遺産は残せないのか

負担付遺贈でペットに遺産を

日本の法律上、遺産相続ができるのは「人」だけです。
いくらペットが家族同然の大切な存在であるからといって、遺言で遺産相続の相手としてペットを指定していても、実際には、ペットが遺産を相続することはできません。
しかし、「負担付遺贈」という制度を使えば、間接的ながら、ペットに遺産を残すことができます。

*負担付遺贈とは
負担付遺贈とは、ペットの世話をすることを条件として、誰かを相続人として指定する遺言状を書くことによって、成立します。
つまり、ペットを世話するという負担が付いた、遺産分けということです。

*負担付遺贈のメリット
遺言書を作成しておくことで成立しますから、不動産や預貯金など、ペットとは関係のない遺産についての相続を指定するのと同時に、ペットに関することも盛り込むことができます。
また、負担付遺贈の相手(受遺者)として指定した人にも、万一のことがあった場合に備えて、第2順位の受遺者を指定することもできます。
これらにより、飼い主さん(遺贈者)のすべての遺産相続に関する意思を、明確に示すことができます。

*負担付遺贈のデメリット
遺贈者が遺言状で相続相手と指定した人には、相続権を放棄する権利もあります。
したがって、せっかく遺言状に負担付遺贈について記載し、ペットの行き先を飼い主さんが決めてあったとしても、相手が相続放棄してしまったら意味がありません。
負担付遺贈について遺言状に記載する前に、相手の意思もきちんと確認し、了承を得ておくことは、最低限必要です。

悪意がなくてもさまざまな事情から、遺産だけ相続してペットの世話は放棄してしまうということが、起こるかもしれません。
これに備えるためには、「遺言執行者」を指名しておき、その人に、ペットの世話が適切に行われているのかをチェックしてもらうことができます。

そして、もしペットが悲しい思いをしているようなことが分かれば、改善を促したり、改善されない場合には、家庭裁判所に申し立てをして、遺贈の撤回手続きを行ってもらうこともできます。