トップ / 死後のペットの行方を決める

ペットに遺産を残す方法

死後のペットの行方を決める

負担付死因贈与とは何か

自身 (贈与者、つまりペットの飼い主)の死後に、ペットの世話をしてもらう人(受贈者)を予め決めておき、その代わりに、その人に相応の遺産を贈与するというのが、「負担付死因贈与」です。

*負担的遺贈と負担的死因贈与の違いは「生前契約」にある
ペットの世話をするという負担と引き換えに、遺産をあげるというだけならば、負担的遺贈という方法もあります。
ただし、負担的遺贈と負担的死因贈与には、生前に「契約」を交わすかどうかという大きな違いがあります。

生前契約を必要とせず、遺贈者(飼い主)が遺言状に記載することによって成立する負担的遺贈では、受贈者がペットの世話を拒否すれば、実際には遺贈が行われることはなく、ペットの行き先が無くなってしまいます。

受贈者にとっては、いくら遺産を貰えるとしても、何の約束も合意もなく、いきなりペットをあげると言われて困る場合もあり、拒否するケースは決して珍しくありません。
これに対して、生前に契約を交わす負担的死因贈与の場合は、事前に相手の意向を確認して、合意を得ているわけですから、確実にペットを世話してもらうことができます。

*負担的死因贈与のデメリット
負担的死因贈与が成立するには、契約が必要だと説明しましたが、契約書を交わすというのは簡単なようで、意外と難しいこともあるものです。
自身の死後にペットの世話を頼めるほどなら、きっと親しい間柄でしょうから、口約束で十分と考えられるかもしれません。

しかし、口約束では自分の死後に確実に実行されるかどうか、心配です。
それなら、やはり契約書を交わそうと思うと、なんだか言い出せなくなってしまう、ということもあり、難しいところでしょう。

また、贈与者(飼い主)に、遺産を相続する家族がいる場合には、その家族が負担的死因贈与の内容に納得せず、トラブルになる可能性もあります。
受贈者をそのような面倒に巻き込むことなく、気持ちよくペットを引き取ってもらうには、贈与額が遺留分を侵害することがないように、配分に気をつけて契約を交わしておくことが大切です。